wp_banner_01.jpg



2020年07月29日

Legend of Steve Marriott: Vol. 12

Bobby_Blue_Bland.jpg

My favorite musician is Steve Marriott and this is the category I introduce his legend.

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。

引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
ブックレットの続きをご紹介します。
前回は、Vol. 11 まで行きましたので、その続きからですが、
文章がつながっているので、Vol. 11 の内容から続けます。

... an explosive, tantalising mix of Booker T.-styled Hammond swells, feedback-laced guitar and Steve’s effusive, impassioned vocal deliveries that reflected the gutsy rawness of Marriott’s heroes Otis Redding and Bobby ‘Blue’ Bland.

*quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:
Booker T スタイルのハモンドのうねり、フィードバックさせたギター、そして、マリオットのヒーローであるオーティス・レディングやボビー・ブランドの情熱的な露骨さが反映されたスティーブの感情むき出しで情熱のこもった歌い方、これらの爆発的で魅力的なミックス…

* アンソロジー のライナー・ノートから引用

今回は、ここまで。

前回スティーブのヒーローとしてオーティス・レディングが登場したので、
一旦区切ってしまいましたが、もう一人のヒーローの登場です。

ボビー・ブランド

ブルースをゴスペル風やポップに楽しく聴かせてくれます。
ライブ映像を観ると、オーティスが動なら、ボビーは静のイメージ。
激しく身体を動かしながら歌っていませんが、落ち着いているので、ゆったり楽しめす。

せっかくなので、YouTube からご紹介♪
Farther Up The Road

ちなみに、クラプトンのカバー・バージョンが、こちら

スティーブが 1965 年に Small Faces を結成する前の年のボビーの曲♪
Ain't Nothing You Can Do

最後に数少ないライブ映像から、こちら。
BB King and Bobby Blue Bland, Live On Soul Train 1975
BB King の方が目立っちゃいましたが、、、ボビーはスティーブのヒーローなのです♪

THE JAYPERS Information ■
★ 1999年06月09日:ボーカルに Rie が加入し結成。以来、新曲制作やライブ活動をしながらアルバム2枚をリリース。
★ 2010年11月28日:iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日:ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日:音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日:最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日:ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!
★ 2017年03月25日:最新シングル CD の Honey Trap の プロモビデオ 配信開始!
★ 2018年02月03日:渋谷ガビガビでの出演者情報をまとめた ポータルサイト 開設!
★ 2018年02月25日:最新 English Website リリース!
★ 2018年08月24日:最新 Website リリース!
★ 2020年05月20日:初の在宅録音最新シングル The Bargain Planet を YouTube で公開!

毎年開催している渋谷ラママでのイベントライブは、9 月 27 日の予定です。
それまでに、またコロナが静まってくれますように。。。
115994775_1226245244387763_4296035085402337864_n.jpg

posted by The Jaypers Rie at 16:50| 東京 🌁| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

Legend of Steve Marriott: Vol. 11

Otis.jpg

My favorite musician is Steve Marriott and this is the category I introduce his legend.

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。
引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
ブックレットの続きをご紹介します。
前回は、Vol. 10 まで行きましたね。
では、その続きからですが、Vol. 10 と文章がつながっているので、Vol. 10 の内容に続けます。

an explosive, tantalising mix of Booker T.-styled Hammond swells, feedback-laced guitar and
Steve’s effusive, impassioned vocal deliveries that reflected the gutsy rawness of Marriott’s heroes Otis Redding …

*quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:
Booker T スタイルのハモンドのうねり、フィードバックさせたギター、そして、
マリオットのヒーローであるオーティス・レディングの情熱的な露骨さが反映された
スティーブの感情むき出しの情熱のこもった歌い方、これらの爆発的で魅力的なミックス …

* アンソロジー のライナー・ノートから引用

今回は、ここまで。

おっと!出てきました!オーティス・レディング!

オーティスに影響を受けたミュージシャンは沢山いるのでしょうが、そう、スティーブもその一人なのです。

オーティスのソウルフルでパワフルなそのステージングと歌は、
今や YouTube というありがたい文明の利器で観ることができますね。
YouTube が登場する前は、ビデオテープが擦り切れるんじゃないかと思うくらい観たものです。

ストーンズの Satisfaction をカバーしているのも有名ですね。

私が最初に観たライブ動画は、確か Try a little tenderness でした。

今改めて観てみると、なるほど、スティーブのパフォーマンスやフェイクに、オーティスの片鱗を観ることができます。

でも、驚くなかれ、スティーブとオーティスは 6 歳しか年齢が離れておらず、
スティーブが 15 歳の時にオーティスが 21 歳でデビューしています。
そして、その翌年、スティーブは 16 歳でデビューしたので、
きっとその間に、アメリカから届いた情熱的な音楽に驚いたのでしょうね。
そしてまた、受けた影響のアウトプットができてしまうスティーブの力量に感服してしまう私です。

個人的な好みとして、私はここにもう一人、ティナ・タナーという天才を加えたいです。
私にとって、ティナは、女版スティーブ・マリオットで、スティーブに辿り着く前に、大好きになりました。
そのティナにロックのテイストが加わったスティーブが、私の神です。

私にも、もって生まれた素材があったとしたら、間違いなく同じ方向に向かっていましたね。

THE JAYPERS live information ■
★2020年6月13日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 157 主催は可能か?!
★2020年9月27日:渋谷 La.mama にて、ジェイパーズ企画ライブ Rock n Roll Forever Special Fes. Vol. 7 開催!

THE JAYPERS Information ■
★ 1999年06月09日:ボーカルに Rie が加入し結成。以来、新曲制作やライブ活動をしながらアルバム2枚をリリース。
★ 2010年11月28日:iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日:ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日:音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日:最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日:ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!
★ 2017年03月25日:最新シングル CD の Honey Trap の プロモビデオ 配信開始!
★ 2018年02月03日:渋谷ガビガビでの出演者情報をまとめた ポータルサイト 開設!
★ 2018年02月25日:最新 English Website リリース!
★ 2018年08月24日:最新 Website リリース!

今は我慢の時!人類の英知を集めて、コロナと戦うのだ!そしていつかまた Rock n Roll
King.jpg

posted by The Jaypers Rie at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

Legend of Steve Marriott: Vol. 10

Booker_T_&_The_MGs_Green_Onions.jpg

My favorite musician is Steve Marriott and this is the category I introduce his legend.

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。
引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
ブックレットの続きをご紹介します。
前回は、Vol 9 まで行きましたね。では、その続きから。。。

But none of this would matter but for their music:
an explosive, tantalising mix of Booker T.-styled Hammond swells, feedback-laced guitar and Steve’s effusive, impassioned vocal…

* quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:
しかし、これらのことは、彼らの音楽以外には、どうでもいいのです: Booker T スタイルのハモンドのうねり、フィードバックさせたギター、そしてスティーブの感情むき出しの情熱的な声が融合した、爆発的な興味をかきたてる音楽…

* アンソロジー のライナー・ノートから引用


今回は、ここまで。

おっと!さぁ、出てきました! Small Faces のサウンドを説明する上で欠かせないのが、
イアン・マクレガンのオルガンやキーボードですが、その流れで、登場しました Booker T!
今回はその流れで Booker T にふれてみたいと思います。
Green Onions は色々な場面で活用されていますから、耳馴染みのある方も多いかと思います。
かっこいいですよね〜♪

このアルバム ( Green Onions by Booker T. & THE M.G.s ) は、全曲かっこいいです!
絶妙なそれぞれの楽器のタイム感が心地よい〜♪

せっかくなので、YouTube にありましたから、私の好きなもう 1 曲。
Behave Yourself
ハモンドの速弾きも凄いですが、楽曲の持つ雰囲気やリズムのうねりがたまりません。。。

普段ほとんどインストは聴かないのですが、素晴らしくノレる楽しめるアルバムです★
いや〜、音楽って、本当にいいものですね。さよなら、さよなら、さ・よ・な・ら♪

次回のジェイパーズのバンドライブは、2020 年 年明け 1 月 4 日、渋谷ラママで、
祝賀新年、お神酒飲み放題ライブですよ♪
皆さんの身も心も躍らせられるように、頑張ります!
ぜひ遊びに来てね★

THE JAYPERS live information ■
★2019年12月14日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 151 主催!
★2020年01月04日:渋谷 La.mama での、ニューイヤーパラダイスにバンド出演!

THE JAYPERS Information ■
★ 1999年06月09日:ボーカルに Rie が加入し結成。以来、新曲制作やライブ活動をしながらアルバム2枚をリリース。
★ 2010年11月28日:iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日:ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日:音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日:最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日:ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!
★ 2017年03月25日:最新シングル CD の Honey Trap の プロモビデオ 配信開始!
★ 2018年02月03日:渋谷ガビガビでの出演者情報をまとめた ポータルサイト 開設!
★ 2018年02月25日:最新 English Website リリース!
★ 2018年08月24日:最新 Website リリース!

来年年明け 1 月 4 日 土曜、渋谷ラママで、サービスお神酒と共に、お待ちしてます♪
THE_JAYPERS.jpg

posted by The Jaypers Rie at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

Legend of Steve Marriott: Vol. 9

SCALEXTRIC.JPG

My favorite musician is Steve Marriott and this is the category I introduce his legend.

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。
引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
ブックレットの続きをご紹介します。
前回は、Vol. 8 まで行きましたね。では、その続きから。。。

But there was more; they lived together at 22 Westmoreland Terrace in Pimlico, the original gang, where they hosted parties and played Scalextric (Kenny didn’t actually reside there; he preferred the quiet of his parent’s abode in Stepney, but he was a permanent guest!)

*quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:
しかし、それ ( 洋服を提供されていた ) だけではなく、彼ら ( Small Faces のオリジナル・メンバー ) は、ピムリコのウェストモーランド・テラス 22 で一緒に暮らし、パーティーを開いてスケーレックストリックで遊んでいた。 ( ただし、ドラムのケニーは実際にはそこには住まず、ステップニーにある彼の両親の静かな住居を好んだが、いつでも客として遊びには行っていた。 )
 
*アンソロジーのライナー・ノートから引用

今回は、ここまで。
またまた珍しくミュージシャンの話ではなく、おもちゃのお話でストップしてみます♪

ライナー・ノートに登場した、なぞの遊び、スケーレックストリック って、何だ?!

最初は音楽の何かかと思いましたが、ネットで調べてみると、あああああ〜!
男の子ならずとも憧れる、レールの上を走るミニカーじゃないかっ! ( 写真 )

なるほど〜、スティーブ君たち 18 歳位でも、まだミニカーが楽しいお年頃だったのね 〜♪
しかも、サイトを見ると、かなり本格的なミニカーっぽい!
もう 50 年以上の歴史があるようなので、今でも人気は絶えないんだね 〜 ♪

私も子供の頃、兄貴達と夢中になって車のおもちゃで遊んだな 〜 ♪
どこかで、レールの上をぐるぐる走るおもちゃを組み立てて、凄く興奮した記憶が。。。
岩手のおばあちゃんの家だったかな。。。

皆さんも一度は車のおもちゃで遊んだ楽しい記憶、ありますか?

THE JAYPERS live information ■
★2019年6月08日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 145 主催!
★2019年6月22〜23日:渋谷 NO STYLE で、渋谷ガビガビ14周年深夜ライブに出演!
★2019年7月13日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 146 主催!
★2019年8月10日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 147 主催!
★2019年9月14日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 148 主催!
★2019年9月22日:渋谷 La.mama で、ジェイパーズ年一企画ライブ〜!詳細もうすぐ発表!

THE JAYPERS Information ■
★ 1999年06月09日:ボーカルに Rie が加入し結成。以来、新曲制作やライブ活動をしながらアルバム2枚をリリース。
★ 2010年11月28日:iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日:ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日:音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日:最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日:ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!
★ 2017年03月25日:最新シングル CD の Honey Trap の プロモビデオ 配信開始!
★ 2018年02月03日:渋谷ガビガビでの出演者情報をまとめた ポータルサイト 開設!
★ 2018年02月25日:最新 English Website リリース!
★ 2018年08月24日:最新 Website リリース!

9 月 22 日、渋谷ラママでのジェイパーズ年一企画、出演者を発表しました♪
20190922_Lamama.jpg

posted by The Jaypers Rie at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

Legend of Steve Marriott: Vol. 8

starblinc_1.JPG

My favorite musician is Steve Marriott and this is the category I introduce his legend.

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。
引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
ブックレットの続きをご紹介します。前回は、Vol. 7 まで行きましたね。では、その続きから。。。

Their look – three button jackets, window pane check button down shirts, checked trousers, desert boots, basket weave shoes – was integral to their appeal, so much so that their first manager, Don Arden, paid them for their efforts with a clothing account in all the top boutiques on Carnaby Street.

*quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:
彼ら ( Small Faces ) のファッション ( 3 つボタンジャケット / ウィンドーペーンチェックのボタンダウンシャツ / チェックのズボン / ローファー / デザートブーツ / バスケットウィーブの靴 ) は、彼らの魅力にとても不可欠だったので、最初のマネージャーのドン・アーデンは、カーナビー・ストリートの全ての最高級ブティックで、洋服用の口座から彼らの衣装を賄っていた。

*アンソロジー のライナー・ノートから引用

今回は、ここまで。 珍しくミュージシャンの話ではなく、ファッションのお話でストップしてみます♪

正直なところ、当時のスティーブ達のファッションは、今見ると、柄物に柄物を合わせすぎたりして、
とてもかっこいいとは言いにくいところはありますが、、、
ここでは話を脱線して、当時の女性のファッションを取り上げたいと思います。

一番上の写真は、starblinc ( スターブリンク ) という1960年代のファッションをコンセプトにしたブランドの
カタログとショップカードです。かわいいですよね〜♪
普段は中目黒にお店があるそうなのですが、ここ 3 カ月間だけ、渋谷 109 の 5F にお店を出しているそうです。
何か衣装になるものないかな〜と思いつつ、観に行ってきました

starblinc_2.JPG

starblinc_3.JPG

かわいすぎて、ワンピースにはなかなか手を出せませんでしたが、アクセサリーをゲットしましたよ♪

60 年代の Swinging London への憧れは、永遠に不滅です!

THE JAYPERS live information ■
★ 2018年12月08日:渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 139 主催!
★ 2019年01月04日:渋谷 La.mama で、年始最初のバンドライブ !

THE JAYPERS Information ■
★ 1999年06月09日:ボーカルに Rie が加入し結成。以来、新曲制作やライブ活動をしながらアルバム2枚をリリース。
★ 2010年11月28日:iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日:ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日:音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日:最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日:ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!
★ 2017年03月25日:最新シングル CD の Honey Trap の プロモビデオ 配信開始!
★ 2018年02月03日:渋谷ガビガビでの出演者情報をまとめた ポータルサイト 開設!
★ 2018年02月25日:最新 English Website リリース!
★ 2018年08月24日:最新 Website リリース!

2019 年 1 月 4 日、新年最初のライブ、渋谷ラママで、一緒に盛り上がろうぜ〜★
20190104_Lamama.jpg

posted by The Jaypers Rie at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

Legend of Steve Marriott: Vol. 7

Small_Faces_with_Jimmy_Winston.jpg

Small_Faces_with_Ian_McLagan.jpg

My favorite musician is Steve Marriott and this is the category I introduce his legend.

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。
引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
ブックレットの続きをご紹介します。前回は、Vol. 6 まで行きましたね。
では、その続きからです。やっとSF結成の時期になります。

Steve developed another passion, too. 1964 was the year when a new youth cult, Mod, swept across London and beyond. Marriott became hooked by the scene’s joint loves and cool clothes and US black music. And early in 1965, he formed a new Small Faces, with three like-minded souls – Ronnie Lane (bass, vocals), Kenney Jones (drums), and organist Jimmy Winston (replaced by Ian ‘Mac’ McLagan on November 1st 1965). Their name was apt: Winston aside, they were all diminutive in stature and dripped quintessential cool (a “face” being Mod slang for such).

*quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:

スティーブも別のことに情熱が湧いていた。 1964年に、新しい若者のカルト、モッドがロンドン内外にたちまち広まりました。 マリオットは、その盛り上がりやクールな服装とアメリカのブラック・ミュージックに夢中になりました。 1965年の初め、スティーブは同様の志をもった3人と新しいバンド、スモール・フェイセズを結成した: ロニー・レーン (ベース、ボーカル)、ケニー・ジョーンズ (ドラム)、オルガンのジミー・ウィンストン (1965年11月1日にイアン・マクレガンに代わる)。彼らのバンド名はぴったりだった:ウィンストンはさておき、彼らは皆、背が低く、典型的な格好良さを醸し出していた(「face」もモッドのスラングである)。

*アンソロジーのライナー・ノートから引用

今回は、ここまで。
以外に、バンド結成については、あっさり書かれていましたね。

写真は、上が、ジミー・ウィンストンとのスモール・フェイセズ。
左から、ジミー、ケニー、ロニー、スティーブ。

写真の下が、イアン・マクレガン加入後のスモール・フェイセズ。
左上から、ロニー、イアン、スティーブ、ケニー。

メンバーについては私も詳しくは語れませんので、
それぞれの Wikipediaをリンクさせていただきます。

ロニー・レーンといえば、晩年の病気で苦しむ頃の映画「ロニー」を泣きながらみました。

ケニー・ジョーンズは、今となってはまだ生きてらっしゃる最後のメンバーですね。

ジミー・ウィンストンに関しては、失礼ながら、全く情報を持っておりません。

イアン・マクレガンは、FacesやStonesでも演奏していますから、知名度はピカイチですね♪
八重歯と笑顔がかわいくて、演奏はごきげん!ジェイパーズもずっと、イアン・マクレガンのような演者を探していた時期がありました。亡くなった時のショックは大きかったです。

さぁ、1965年にやっと意気投合するメンバーに出会ったスティーブですが、
この後、どのように振る舞うのでしょうね〜♪ またまた次回に続く・・・

THE JAYPERS live information ■
★ 2018年02月10日: 渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 129 !
★ 2018年02月16日: 渋谷 La.mama で、年始最初のバンドライブ !

THE JAYPERS Information ■
★ 2010年11月28日: iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日: ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日: 音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日: 最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日: ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!
★ 2017年03月25日: 最新シングル CD の Honey Trap の プロモビデオ 配信開始!

2月16日、真冬の金曜日に、渋谷ラママで温めてやるぜ!
THE_JAYPERS_Live.jpg

posted by The Jaypers Rie at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

Legend of Steve Marriott: Vol. 6

kinks.jpg

皆様、こんにちは。久しぶりに、スティーブ・マリオット関連ネタです。

では引き続き、以前に私のブログで紹介した TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY
のブックレットから、続きをご紹介します。前回は、Vol. 5 まで行きましたね。では、その続きから。。。

But again, this new project yielded just one 45: a ramshackle cover of the Kinks’
‘You Really Got Me’, backed by the more impressive jazzy R&B offering, ‘Money Money’.

*quoted from the liner note of Anthology

自主対訳:
しかし再び、この新しいプロジェクト ( モーメンツの結成 ) は、
たった 1 枚のシングルレコードを産んだだけでした。
キンクスの 『 ユー・リアリー・ガット・ミー 』 のカバーだが、その演奏はぼろぼろで、
B 面にはより印象的なジャズ風の R & B 曲 『マネー・マネー』 が収録されていました。

*アンソロジーのライナー・ノートから引用

おっと! 今回は、ここまで。
なかなか辛辣な表現が面白いですね。ぼろぼろ。。。ここまで書いてくれると、信ぴょう性も上がります。

キンクスがお話に登場しましたので、せっかくですから、本家とカバーの両方を聴き比べてみましょう。
どんなに、ぼろぼろなのか。。。
まずは本家、キンクスの 『 ユー・リアリー・ガット・ミー
そしてマリオットがモーメンツでカバーした 『 ユー・リアリー・ガット・ミー

Oh my god!!!! 確かに!!! これは、笑えるくらい、酷い! びっくり!
というか、マリオット以外のメンバーは素人なのか?というくらいの演奏のよれ。。。
確かに、ぼろぼろだね。。。まるでレコードがひん曲がったような。。。
でも、これは、マリオットというより、メンバーに恵まれなかったとしか思えない。。。

では、マリオットの名誉を挽回するために、好印象の B 面の曲を聴いてみましょう!
マネー・マネー
う〜ん、いやはや、さすが ♪ とても 17 歳の歌声とは思えないね!
やっぱ、かっこいいや ♪
これで、バンドにはメンバーの良し悪しが影響するって、わかったね。 ( 苦笑 )

マリオットにも、色んな過去があったのでした。

THE JAYPERS live information ■
★ 2017年4月01日: 渋谷 GABIGABI で、GABIGABI 12 周年祭に参加 !
★ 2017年4月08日: 渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 119 !
★ 2017年5月04日: 代々木 Zher the ZOO YOYOGI で、バンドライブ !
★ 2017年5月13日: 渋谷 GABIGABI で、アコースティック風イベントライブ Vol. 120 ! ( 10 周年 ! )
★ 2017年5月14日: 渋谷 SHIBUY CLUB KINOTO で、渋谷GABIGABI 12 周年祭ライブ !
★ 2017年6月04日: 代々木 Zher the ZOO YOYOGI で、バンドライブ !

THE JAYPERS Information ■
★ 2010年11月28日: iTunes にて、ジェイパーズ3枚目と4枚目のアルバム楽曲配信開始!
★ 2014年10月01日: ジェイパーズ5枚目のアルバム、Treatment Experience 全国流通開始!
★ 2014年10月08日: 音源配信サイト Sony mora より、5枚目のアルバム配信スタート!
★ 2015年09月27日: 最新シングル CD HONEY TRAP リリース!
★ 2016年02月05日: ドラマー Hachi 復帰ライブの ダイジェスト・ムービー at 渋谷ラママ!

スター ( 星 ) っぽい衣装が、いいだろ♪
THE_JAYPERS_Riki.jpg

posted by The Jaypers Rie at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | STEVE MARRIOTT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Link
THE JAYPERS Website
THE JAYPERS English Website
R&R Forever! Event
THE JAYPERS Facebook
Rock'n Cafe Bar Shibuya GabiGabi
New Dairy
(09/21)Sep 27 17:00 JST: Worldwide Broadcasting Rock Show!
(09/21)Studio Live Recording: Victoria
(09/13)Studio Live Recording: Jealous Again
(09/05)Sep 27 17:00 JST: Worldwide Broadcasting Rock Show!
(09/01)Studio Live Recording: Love The One You're With
(08/30)Studio Live Recording: Messin' With The Kid
(08/23)Wikipedia
(07/29)Legend of Steve Marriott: Vol. 12
(06/20)Gaucho - Steely Dan
(06/10)Tarami’s delicious jelly!
Comment
2020/Jan/4: New Year Paradise @ Shibuya La.mama! by THE JAYPERS RIE (12/30)
2020/Jan/4: New Year Paradise @ Shibuya La.mama! by コバーン (12/30)
Models by THE JAYPERS RIE (02/27)
Models by ねごろ (02/27)
Thank you all who came to La.mama! by THE JAYPERS RIE (02/14)
Category
BAND(33)
LIVE(403)
FRIENDS(44)
GudaGuda TV (トーク番組)(44)
STEVE MARRIOTT(29)
GUITAR(7)
MUSIC(48)
HAIR-CARE(27)
COSMETICS(34)
FASHION(23)
GOODS(29)
OTHER(50)
The Past Log
2020年09月(5)
2020年08月(2)
2020年07月(1)
2020年06月(3)
2020年05月(4)
2020年04月(6)
2020年03月(4)
2020年02月(5)
2020年01月(6)
2019年12月(5)
2019年11月(3)
2019年10月(5)
2019年09月(4)
2019年08月(6)
2019年07月(3)
2019年06月(4)
2019年05月(5)
2019年04月(5)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(6)
2018年12月(6)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(4)
2018年06月(5)
2018年05月(5)
2018年04月(5)
2018年03月(4)
2018年02月(5)
2018年01月(5)
2017年12月(5)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(6)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(5)
2017年04月(5)
2017年03月(5)
2017年02月(6)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(4)
2016年10月(4)
2016年09月(4)
2016年08月(4)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(5)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(6)
2015年11月(6)
2015年10月(5)
2015年09月(5)
2015年08月(4)
2015年07月(7)
2015年06月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(4)
2015年03月(7)
2015年02月(2)
2015年01月(8)
2014年12月(5)
2014年11月(9)
2014年10月(6)
2014年09月(4)
2014年08月(7)
2014年07月(4)
2014年06月(6)
2014年05月(5)
2014年04月(4)
2014年03月(7)
2014年02月(8)
2014年01月(7)
2013年12月(8)
2013年11月(5)
2013年10月(4)
2013年09月(7)
2013年08月(10)
2013年07月(13)
2013年06月(16)
2013年05月(12)
2013年04月(10)
2013年03月(12)
2013年02月(10)
2013年01月(14)
2012年12月(14)
2012年11月(13)
2012年10月(14)
2012年09月(28)
2012年08月(24)
2012年07月(19)
2012年06月(21)